FC2ブログ

メタル英語で世界進出だ!Metal English

世界に通用するバンド英語を紹介! 1人1人の海外進出をサポート中!

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

プロフィール

お問い合わせ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

いいね!

最新コメント

FC2カウンター

マシーンヘッド ロブフリン あの時期を振り返る 

Hear me now / Words I vow / No fucking regrets

聞いておけ     /     俺が誓う言葉を    /    後悔なんかぜってーしねぇ

through+the+ashes_convert_20100331112407.jpg

生まれて何度かある。曲の持つ圧倒的な力強さに、体中が熱くなって涙が止まらなかったことが。
2003年にリリースされたこのアルバム、Through The Ashes Of Empiresに収録された一曲目、Imperiumに初めて触れた時は、まさにそんな体験をした。

怒り、覚悟をストレートに伝える歌詞、そしてそれを十二分に表現する、たたみかけるような激しい音。
そんな全てが真っ向勝負の曲に、オレは完全にやられたね。

machine-head-tribute-1_convert_20100331120710.jpg


今回は、この曲に秘めた想いを語ったヴォーカルのロブの言葉を紹介。

因みに、この曲、そしてこのアルバムに終始貫かれたメッセージは「FUCK YOU→テメーら、ざけんじゃね~、全員ブッ飛ばしてやる(笑)」だそう。

それもそのはず、このアルバムの前にリリースしたsupercharger後、全てが敵状態に。所属するロードランナーから契約を切られ、バンドの資金も底を尽く中、35ものレコード会社からも契約を断られる最悪の状態。更に周りからは、「どうせうまくいかないよ」と言われる始末。

この状況を振り返り、ロブはこう言います。
th-rbflyn_convert_20100331124344.jpg


"People just wanted us to fail so badly and the more we heard that, the more fucking pissed off we got!" (Metal Hammer)

燃える男、ロブフリン この男、敵に回したら最後。 みなさんなら、どう訳す?

訳と説明はメルマガで!又は、続きをチェック!

Here's Machine Head! 後半のたたみかけに失神注意
Hear me now / Words I vow / No fxxing regrets

しかし、放送禁止用語ばっかで、笑えるな~
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



テーマ: HR/HM

ジャンル: 音楽

[edit]